02月≪ 2008年03月 ≫04月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.03.21 (Fri)

アイスクリームは何からできているか知っているかしら?

Ranch01.jpg
 こんばんわ
 村のギルドナイトこと、ン・ドーゴです

 ふらんどると名乗る旅人がやってきたのはちょっと前のことでした
Ranch02.jpg
 私が気がついたときには、一生懸命に牧草を食べる羊の毛を
 思う存分わっしゃわっしゃしてました
 それから、よつばちゃんみたいに頭突きしようとしてましたが
 人の目を気にしてやめてました

 特にふらんどるさんのお気に召したのは子供の羊で
「あれはかわいい。反則」
 といい、写真を撮ってました
 Ranch03.jpg
 子供たちは親から離れて、陽だまりの中ぼんやりしてましたが
 右端の黒毛の子だけが、このあと立ち上がって、大人の羊に混ざりました
 そして、ふらんどるさんの手の届くところだったのでわしゃわしゃされてました
 ふらんどるさんは
「若干迷惑そうに首を振るのがたまらなくかわいい。卑怯だ」
 と語ってました
 
 他にも牛を見たりしてました
Ranch04.jpg
 これはまだ、子供の牛ですね
 おっぱいが恋しいのか、柵をかんだり、ロープの端を噛んだりしてます
 これはヒトの赤ちゃんがおしゃぶりをするのと同じような行動ですね
 子供ですがそれなりに大きいので、ふらんどるさんは少し怖がっていたようです
「舌が大きくて長くて怖いんですけど。あと服舐めないでほしい」
「あと山羊は怖いよね?」
「あの子達にエサあげると周りを蹴散らしてひとりでたべようとするんだよ?」
「あのアグレッシブさを他に生かせと」
「瞳もなんか怖いしなー?」
 と、思う存分私と話してるのを他人に見られて
 わしゃ何も話とらんけんね風にふらんどるさんはこそこそ帰っていきました
 見られて恥ずかしいなら話さなきゃいいのに……


 
 そして駐車場に向かう途中で
 芝生の上で寄り添って寝ている、仲のよさそうなカップルに
 なんかどろどろした視線を送ってました
 五寸釘に打たれたわら人形のような視線でした

 カップルは今頃どうなってるか、心配です
 
 もしかすると今夜、あなたのところにふらんどるさんのそんな視線がいくかもしれません
 ふらんどるさんはどこにでもいるのです
 そう、これを読んでいるあなたの後ろにも
 髪を振り乱したふらんどるさんが……
 
スポンサーサイト
23:15  |  日記のようなもの  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。