05月≪ 2008年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.06.30 (Mon)

あらあら、逢引きですって奥さん

 はーい、こんばんふがふがっ☆
 今日は崩れ落ちるように寝たい、ふらんどるちゃんでーっす☆
 気持ちよく全力前回マックスハートで寝るのってのも結構むずかしいですよね。
 遊び疲れた小学生みたいに電池が切れるようにお休みしたい。
 でもこの歳になると疲れすぎても寝れないしなー……
 え? 何歳だって?
 ふ、ふらんどるちゃんまだ若い!
 ぴちぴち鮮度バツグン!
 四捨五入すればごにょごにょ!

 そんなわたしのお気に入りの動画はこれ。

C'etait un Rendez-vous

 タイトルでググれば詳細はいくらでもでるので特に語りませんが、(物語上は)Ferrari 275がパリの街を走るショートフィルムですよ。
 早朝の、まだ人々が起き出していない、半分寝ている街。
 ノスタルジックな車の数々、涼やかな光の中の美しい町並み。
 とても心地のいい、周辺光量の落ちた画面。
 そして、うなりをあげるフェラーリのエンジン音。
 んもう、うっとりするくらいいい音なんだから。
 ぼーっとこれを見てるだけで結構元気になるふらんどるちゃんです。

 某所で、こんなの**のほうが速度出てるし、たいしたことないとか言ってる人いたけど、
 速度とかそういうんじゃねーんです。まったく。まったくもう。
 
 だけど、よいこのみんなは赤信号無視とかしちゃいけないよ!
 この監督、公開と同時に逮捕されたとか。
 
スポンサーサイト
22:30  |  メモ帳  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.06.28 (Sat)

ちなみにわたしのお気に入りは安部公房

 はーいこんばんふがふがっ!☆
 ふらんどるちゃんでーす!☆

 まあちょっと聞いて欲しい。
 ちょっと前に秋葉原で通り魔事件がありましたね。
 犠牲者も多くて、わたしは心を痛める前に愕然としてしまったわけなんですけれども、その事件に関していろんなメディア、ならびに個人が情報発信してます。
 いろんな意見があるわけで、でもそれは別にかまわないと思うんですよ。
 不謹慎なのはどうかと思いますけど。お脳の辺りがおイカレになってるんだと思うんですけど。
 わたしはそういう事件にはあんまり興味がないんですが、たまたま見たMSNトップページから行けるところに、ある方がコラム書いていたので、ふと読んでみたんです。何の気なしに。

 ぶっちゃけると今から書こうとしてるのは悪口で、できれば引用したくないんだけど、うまく自分じゃまとめられない気がダンチなので、以下MSN産経ニュースより丸ごと引用。


【断 中村文則】「格好から」の犯罪

 秋葉原で連続通り魔事件があった。僕はこういう犯罪が起こる度調べるが、この容疑者には脱力感だけが残った。そもそも追い詰められ、通り魔という「よくある」模倣的な犯罪を起こそうという考え自体、発想が貧困だと思う。

 たとえばこの事件がまだなかったとして、ある純文学作家がこの事件と同じ小説を書いたとする。良識ある編集者なら、間違いなく書き直しを要求する。理由は、このような事件を起こす犯人として、その主人公の考え方があまりにも典型的で、妙な言い方になるが、『罪と罰』や『金閣寺』の主人公のような悲しみも深みもなく、あまりに薄っぺらいからだ。

 殺人を考え、破滅に惹(ひ)かれたのなら、ナイフを買ったり友人に迷彩服の購入方法を聞いたりするような、「格好から」入るのではなく、せめてドストエフスキーやカミュやサルトルくらい読破してもらいたかった。彼がどのような本を読み、どのような映画を観てきたか知らないが、このような模倣犯罪をするのを見る限り、大したものに触れていないだろう。

 社会が嫌い、家族が嫌い。僕はその気持ちはよくわかる。だが、まだ二十代の若さで、負け組も何もないだろう。破滅とは、もっと深刻なものだ。自分なりに、もっと考えを深めてほしかった。

 ギリシャ神話にあるように、その人間の人生が不幸か幸福だったかは、死ぬ時までわからない。彼も赤子だった時は、微笑んでミルクを飲んでいたはずだ。彼の人生はもっと違う方向に行ったはずで、そう思うと本当に悔しい。(作家)


 わたしはどちらかというとメガネをかけて真面目ぶって、くいくいメガネのつるを上げ下げしながら、よくわからない横文字を並べてるような割と駄目人間なんですけど、まあそれでもどっちかというとインテリのほうに分類されるんじゃないかと思う。思うんです。思うったら思うんです。
 読書もまあまあ好きでドストエフスキーやカミュやサルトルなんかも別に嫌いじゃない。
 暗い話ばっか書いてんじゃねーよっ!って思うこともあるけど。

 それでも、この作家さんの書き方にはちょっと引っかかりを感じるわけでございます。
 こんな書き方じゃ、まるで本を読んでる人はいろんなことを深く知っていて、読んでない人は全然知らないよ、とでも言ってるかのような印象で、まるで文学かじった中高生みたいだ……、ってのは割とどうでもいいんですよ。割と。

 これ、一言で言ってしまえば、ゲーム脳ならぬ純文学脳だと思う。言葉をいくら積み重ねても純文学は単なる純文学です。ぜーんぶそうです。全部すべてのものが、単にそのものだと、わたしは考えます。それを他のものと同じところに置いちゃいけないと思います。なるほど、踏み台にでも何でも使ったり愛したりできるならそうすればいい。でも、自分にとって同じところでも、人に当てはめちゃいけないと思います。わたしとわたし以外の誰かの人生とかそういう根幹的なものの学び方は違います。

 なんか偉そうな意見でいやなんだけど、彼がそういう立場に立ち続けるなら、なぜ人が死んだのか分からないんじゃないかって考える。実際に人が死んで、いろんな人生がめちゃくちゃになってるのに、薄っぺらいとかドストエフスキーとかそんなんじゃないでしょう? わたしはこれを破滅だと考えるけども、これが破滅に見えないなら彼は何を見ているんだろう?


P.S.>> タイトルや作家名を挙げて、これを読まないから駄目なんだ、とか、これを読まずして○○は理解できない、とかの言い方はやめて欲しいです。だって、本好きってのがそういう人種だと思われたら普通の本好きが生きづらくなるから。主にわたしとかが。すいません、乱読してなくて。ゆるい本好きですみません。すみません。それ読んだことありません。すみません。悲しみも深みもないバカですみません。確かに本はいいものだけど、文学をだけを絶対価値とするなら、いつの日か手痛いしっぺ返しを食らうんじゃないかなーって思います。ええ。
 
23:38  |  日記のようなもの  |  TB(0)  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑

2008.06.16 (Mon)

ペースノートを読み上げる声が好き

 はーい、こんばんふがふがっ!☆
 雨が……雨が降り止まないよう……ふらんどるちゃんでーすっ!☆

 んでもって今日はGyaoで見たアジア・パシフィックラリー選手権(通称APRC)第二戦オーストラリアの話ですよ!
 APRCはラリーの頂点、WRCのひとつ下の選手権という意味合いになってます。
 その下は各国選手権ですねー。
 WRCでさえ地味な扱いなのにAPRCは本当にもうド・マイナー。
 ラリーおもしろいんだけどなぁ。
 グラベル(未舗装路)、ターマック(舗装路)、スノー(積雪路)、なんでもありでおもしろいんだよ。
 
 それで、APRCなんですけども、これはもう本当にスバルと三菱の争い。
 インプレッサとランエボしかマジでいない。
 まあ、同じ選手権の中でも、改造の自由度と、駆動方式、排気量、過給機の有無でグループ分けされてて、他のグループには他の車もいるんですけど、一番上のクラス(多分グループN)には、インプレッサとランエボのみ。
 地域選手権だから仕方ないんですけど、他の会社の車も見たかったなーって思わなくもないです。

 しかしなんだ、グループがまた分かりにくい。
 グループA(WRカーも含まれる)(APRCには出れなかったハズ)、グループN、スーパー2000、スーパー1600、とかとか……。
 詳しく知りたい人は勝手にレギュレーションでも検索して調べてちょうだいな。
 車好きな人はいいよ? でもそうでもない人には複雑すぎるんじゃないんでしょうかこれ。

 動画の後半に、なんかずんぐりむっくりしたデブい車がグラベルを走ってて、「このデブさはまるで欧州用シビックみたいだなー」って思ったら、本当に欧州用シビックで、そのシビックはAPRCにスポット参戦してたんですけど、グループが明記されてなくて分からずじまい。(確かAPRCは駆動系の変更はできなかったような気がするので、多分二輪駆動のグループで出たんじゃないかなーとは考えられますけど……。ホンダさんがわざわざシビック(でも欧州用シビックってベースは先代フィットだった気がする)を4WDにするとも思えないし……)
 分かりにくいんだよこのっ! もっと分かりやすい番組構成がいいと思うんですよ、わたしは。
 こういう、不特定多数にアピールできる場でアピールしないから、いつまでたってもラリーは日陰者なんですよ、ほんとにまったくもう。ぷんぷん。

 あと一緒に開催されたオーストラリア選手権のスーパー2000のグループに、カローラが出てて、わたし大喜び。カローラっていっても日本で言うオーリスですけど。それでもって優勝したらしいですよ、オーリスちゃん。がんばれトヨタ。早くWRCに帰ってきなさいよ。

 このスーパー2000とかスーパー1600とか言われるグループは、車一台の値段の上限が決まってて、改造の自由度もWRカーよりちょっぴり劣るし、お金ないメーカーでも参戦できるってのが魅力のグループです。
 将来的にはこのグループがWRCの主流になるかもっ、とか言われてます。
 いろんなメーカーがたくさん参加して、もっとぐっちゃぐちゃの泥仕合になるといいですね!
 主にわたしが大喜びしますよ!
 そんなお金じゃ車開発できないよーってメーカーさんは文句ぶーぶーらしいですけど。
 んでも、市販車と別物みたいな車が走ってるよりも、身近な存在のほうがいいと思うんですよね。
 そんな遅い車なんか見たくない、観客はWRカーの非現実的速さを求めているんだ、って主張もありますけれど、そんな人は過去に行ってグループBでも見てなさい。
 速さがひとつの価値ではありますけど、それだけじゃないからラリーなんです。速さだけを求めて恐竜的進化をしちゃいけないんです。ちゃんとしたスポーツなんだからね。
 
 ああそれと、誰かラリーに詳しい方、ここ違うんじゃない?って教えてください。
 こんなにつらつら書いててあれなんだけど、絶対上の文章はどこか間違ってる。
 
00:09  |  日記のようなもの  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

2008.06.14 (Sat)

あなたに、りあるどらーいぶ☆

 はーい、こんばんふがふが☆
 とろみさんに「人少ないからMHF来てよ」って言われても「寝る時間だから」ふらんどるちゃんでーすっ!☆
 人間、早く寝ないとダメだよねっ!☆ てへっ!☆

 MHFにはinしないくせに例によってアニメを見るわたしなんですけども。
 最近RD潜脳調査室を見てるふらんどるちゃんなんですけども。
 ミナモちゃんの友達のユキノちゃんがかわいいふらんどるちゃんなんですけども。
 幸せそうにパフェを食べてるのとふとましいその体がじつにかわいいんですけども。
 ミナモちゃんかわ……じゃなかったユキノちゃんかわいい!

 田舎なんですみませんすみません、はいはいGyaoで見ますよGyaoで。
 そんな感じでRDを見るふらんどるちゃん。
 ここ南国の地はアニメあんまり放送されないんですよ。
 だいたいレンタルになっちゃうそんな田舎暮らし。
 まあ民放二局しかないMIYAZAKIには勝ってますけどね! ガハハ!
 
 んでもって、先週はミナモちゃんの兄のソウタがエロ書記長と寝てて(性的な意味で)、なんていうかこう、ちょっとがっかりというかなんというか、ソウタの株がすごい下がった。
 もっとソウタはウブじゃないといけないと思うんですよ。
 あんなエロ書記長(cv:鶴ひろみ)と年増園してるソウタなんて見たくないんですよ!
 君だけは信じてたのにソウタ! このっ!

 それで、何の話だっけ。
 ああそう、今週の話なんですけども、今週はそうですね、えーと一言で言うなら、
 ミナモちゃん(15)とハルマリさん(81)のフラグが立ってました。
 いやまあ最初の方からびんびんフラグ立ってましたけど。
 ていうか大体の話でミナモちゃんとハルマリさんのフラグ立ってますけど。
 AIのエライザさんにとっつかまったハルマリさんを電脳化をしていないミナモちゃんが助けに行くって話で、エライザさんは言語からのアプローチで人を知りたがっていたけど、言語だけじゃないんだよって話で、人のつながりと同等の地球律を、言語で示されない何かを知るために彼女は海の底に沈んでいったって話でした。
 ハルマリさんを解放する時に「その人、あなたに返してあげる。でもね、ちょっぴり悔しいから、あなたたちのことは占ってあげない」って言ってまして、またフラグ立ちましたね。うんうん。
 何本立てれば気がすむんだろう……。

 しかしなんていうか、AIが地球と会話するって言うのはなかなかロマンがあっていいですよね。
 わたしそういうの大好きです。

 それで、その後ついでに見た、アジア・パシフィック選手権……はまた明日にでも。
 
23:02  |  日記のようなもの  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.06.07 (Sat)

All is fair in love and war.

 こんばんふがふが!☆
 ここまで、ここまで終わったらMHFしよう……MHF……
 とか思ってるけどぜんぜん終わらないふらんどるちゃんでーすっ!☆
 時間の使い方がうまくならないよう、ううっ。

 さてさて、
 「ダメ…でもひかれてしまった」教え子と関係 女性教諭免職
 こんな事件がありまして。
 以下MSN産経ニュースから転載。


 北海道教育委員会は3日、教え子の中学2年の男子生徒と性的関係を持った網走管内の中学校の女性教諭(28)を懲戒免職処分にしたと発表した。
 道教委によると、女性教諭は3月、ホテルで男子生徒と性的関係を持った。生徒が所属する運動部の顧問をしており、昨年12月からメールをしたり、2人でカラオケに行ったりしていたという。
 女性教諭は「駄目だと思っていたが、ひかれてしまった」と話しているという。

 
 なにそのエロゲ。
 でも28歳と中学二年生……あり!
 いやありかなしかの話じゃないんでしょうけどねこれ。
 いやでもしかし、ありかなしかで言ったらこれは大体の人があり!って言うでしょ多分。
 中学二年生って言ったら、13歳か14歳ですよ? 歳が二倍くらい違いますよ?
 そんな中学二年生に恋をする女教師(28)。
 結構かわいい行為だと思うんだけどなぁ……。
 本当に恋をしてたらね。
 反道徳的なものに性的興奮を覚えるとか、教師と生徒という関係が大事だとか、そういうことだったらクビになってよかったですね!って言うかもしれないわたし。
 そういう方向で考えたら何も書けないから、本当に恋をしてたことにしよう。

 (多分)終わっちゃった話なので、どうにもならないんでしょうけど、わたしは個人的にこの先生には割と幸せになって欲しいというかなんというか。
 あと1年半待って、それからラブホだろうが温泉旅館だろうが行けばよかったんでしょうか?
 あー……、でも卒業後でも18歳未満ですね……。
 淫行条例ってのがあるんですけど、これ男子にも適用されるのかしらどうなのかしら。
 ダメだったらさらに待たないといけないんでしょうか。
 そんなに待てるもんなんでしょーか?(青少年の性衝動的な意味で)
 
 これが性別逆なら、大バッシングだったでしょうけどね!
 いやまあ、こんなこと書いてますけど、わたしも男の先生だとなし、って言うと思う。
 男性の方がいろんな意味で優位な立場になりやすいから、付き合ってました、とかなったときに世間様から石を投げられるんでしょうけど、本当はその先生だって真剣に恋していたのかもしれない。
 ほらだって、(カードキャプター)さくらちゃんの先生はいい人だったもの。
 他でも、少女マンガに出てくる、主人公と付き合う先生はみんないい人だもの。
 ついでに言うとかっこいいもの。
 ソースそこかよ、ってつっこむな。
 そういう、まじめな付き合いだったら……うん、まあ、なしにするのはかわいそうですよね。
 かっこいいんだし。
 でも現実的に、わたしの家の近所の子達が先生と付き合ってたら……。
 ……。
 やばい、超かわいい。
 背伸びして大人になろうとして先生と付き合ってるの。ええ、多分きっと。
 鼻血が出そうにかわいい。
 
 ああもう、何を書いてるのか分からなくなってきた。
 とにかくあれです、かわいければいいんです!
 かわいいは正義なんです!
 かわいいは正義なんです!
 男の先生が、少女と付き合うのがダメなのは、大体イメージ図が悪いからです!
 妻子あるおっちゃんが、18歳未満は買っちゃまずいようなおもちゃを、ウインウイン動かしたりブルブル振動させながら迫ってくるからいけないんです。
 他の生徒たちにも手を出してるからダメなんです鬼畜なんです。
 女の先生と、少年なら見た目悪くないし、威圧感もないし。暑苦しくないし。(ムダ毛の密度的意味で)
 でも女の先生が無理やり……
 いや、それはあり。
 ありってばあり。
 そうか、わたしは女教師が好きなんだ。
 好きだからあり。
 ダメだわたしはダメ人間だ。
 すいません、ダメ人間で。すいませんすいません。
 だからかわいかったら許しちゃいます。
 つまりかわいい男の先生に女子中学生が……それなんてネギま?
 すいませんバカですいません。
 
22:04  |  MHF  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2008.06.04 (Wed)

ああ、今日も馬鹿だった

 こんばんふがっ!☆
 深夜にかからわずブログ更新! ふらんどるちゃんでーすっ!☆

 今日は、とろみさんと、にやさんと連れ立ってふらふら出かけましたよ!
 朝にご飯を食べたきりで、お腹すきすきで、とろみさんの家で死んでたんですが、にやさんをご飯食べるよ!って呼びつけて、合流して、バイクでお出かけですよ!
 わたしは、とろみさんのバイクの後ろに乗っけてもらって楽々ですよ!
 腰に腕を回して乗るのもかっこ悪くて恥ずかしいし(べべべべべ、別に付き合ってるとかそういうわけじゃないんだからっ/////)、かといってそれじゃあんまり安定しないし、ニーグリップで腰を挟み込んでがんばりましたよ!
 バイクを運転するのも面白いですけど、後ろに乗っけてもらうのも楽しいんですね、これが結構。
 後ろの席だと視点は高いし、ある程度よそ見できるし、気持ちいいわけです。
 膝だけじゃ上半身安定しなくて、シフトチェンジのときにヘルメットとヘルメットをごっつんこしまくりましたけどね! 許せとろみ!

 にやさんの案内でお好み焼き屋さんに行った後、カラオケ行きたいカラオケ行きたいと、にやさんが駄々をこねたので、それじゃあ、カラオケがついてるネカフェに行こうじゃないかと、そういう話になりまして、ネカフェにレッツゴー。

 でもなぜかパソコン並べてMHFを始める三人。
 これが面白い。集まってやると面白いんですよね、MH。
 騒げはしませんけど、もうアイコンタクトでだいたい通じるので、打ち上げたり吹き飛ばしたりやりたい放題。お金はかかりますけど、皆さんもどうですか? ただしあんまり騒がないようにね!

 その3時間後ぐらいに念願のカラオケに行ったんですけど、部屋の壁が薄いとにやさんが駄々をこねて、結局数曲歌って移動。
 しょうがないなー、とビリヤードを始めた3人でしたが、これがいけなかった。
 ビリヤードをやるところに、わたしたち以外、誰もいなかったのがもっといけなかった。

 みんなビリヤードうまくないのでナインボール始めたんですが、30分ぐらい後に、初心者のとろみに、ナインボールで3連勝されて……。
 後がないわたしとにやさんが、壮絶な足の引っ張り合い開始するのは、これはもう予想できたことでした。進まない展開に業を煮やしたにやさんが、ポケット付近で顔を出したり引っ込めたりし始めたのを皮切りに、わたしも台の周りで腰を振ったりし始めて、台の周りで踊る二人と、ニヤニヤしている一人というわけのわからない集団にまで堕ちたわたしたち。
 よくわからないツボに入った二人は、大爆笑したかったんですけど、一応静かにしようとつとめたせいで、爆発前の火山みたいな状態になって、わたしの胸には何やら熱くて若干すっぱい、うっ、もうだめ、GEROが出そう。

 ネカフェで食べたカレーとスープの大脱走を抑えるわたし、さらに笑わせようとするにやさん、まともに玉がつけないわたしとにやさん。
 しまいには勝てるゲームを落として、苦しむ二人の横で、とろみさん4連勝。
 その4連勝がさらに変なツボに入って、笑いをこらえてうずくまるわたし。
 今回は負けたけど、次は絶対吹かせてやるからな、にや!
 

 ……あれ、ビリヤードってこういうゲームだっけ?
 
02:07  |  日記のようなもの  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.06.01 (Sun)

それはないよとっつぁん

 こんばんふがふがっ☆
 汗はすばらしい……ひと汗書いた後のシャワーはもっとすばらしい……
 冷えたビールもつけてねっ♪ ふらんどるちゃんでーすっ!☆
 いやだって、最近暑くないですか? いやもうほんと。
 沢登りとかしたい。沢寒いし、10分で帰るけど。
 
 さて、この前こんなことがあったばっかりなんですけど、えっとね。
 W62CA.jpg
 おいどういうことだカシオ計算機この野郎!
 今夏ってW62CAってどういうことだこのバカ野郎!
 変えたばっかりだっちゅーねん! 怒るでしかし!
 って心の中のヤスシ・ヨコヤマ師匠が言ってますよマジマジ。
 


 
 でも正直デザインあんまりよくないと思うんだ……。
 誰だよこれでGOサイン出したの。
 なんかフツーの携帯電話になっちゃいましたね。
 実機見ないと断定できないけど……。
 と、言うわけでカシオ計算機さん、わたしの家に実機送ってください。今すぐナウ。
 
 
22:12  |  日記のようなもの  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。